イスカの取り組み

一覧へ戻る


MATCH 01 人道的支援活動への取り組み

地震などの大規模災害が発生した時には、そこに暮らす多くの方々が不自由な避難生活を強いられます。
全国の企業および個人の方々から、被災地に向けて飲料水、食料品、衣料品などの救援物資が続々と届けられる様子を報道などで目にします。
また、各地の地方自治体においても、危機管理の観点から毛布、テントやシ-トなどの災害用物資の備蓄が着々と進められていると聞きます。
そのような中、私たちイスカは寝袋の専門メ-カ-として何かできることはないか、という思いから、ご家庭で不要となった寝袋(メ-カ-、種類を問わず)をご提供いただき、集まった寝袋を人道的支援、ボランティア物資として役立てるための窓口を立ち上げることとなりました。
「古くなってきたので買い替えを考えている」
「人から譲り受けたが全然使わずに押入れで眠っている」
「処分するつもりでいたが簡単にゴミとして出せない」
もしそんな寝袋がございましたら、是非ご提供ください。
皆様からお寄せいただいた寝袋は、生地破れやファスナ-不良などの破損箇所の確認を行い、必要な補修を施した上で、弊社の専用保管スペ-スにて管理いたします。
万一の有事の際には、しかるべきル-トを通じ、救援物資として寝袋を必要とされる被災地の方々にお届けします。


本主旨にご賛同いただけるお客様は、下記宛にお手持ちの寝袋をお送りください。

〒584-0023 大阪府富田林市若松町東3-2-12
株式会社イスカ「 人道支援活動」係
TEL:0721-25-4565(代表)

なお、送料についてはお客様でご負担いただけますようご協力ください。
また、理由の如何にかかわらず、一旦ご提供いただいた寝袋はお返しできませんので、予めご了承ください。
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

MATCH 02 支援報告


  • 2014年10月 非営利ボランティア団体「彩園隊」様よりお問い合わせをいただき、広島市安佐南区の土砂災害被災地での活動にお役立ていただくべく、寝袋および軍手を送らせていただきました。 ご協力をいただきました皆様、本当にありがとうございました。

  • 2011年3月 東北地方太平洋沖地震によって、避難生活を余儀なくされておられる方々へ向け、富田林市危機管理課を通じて、皆様よりお寄せいただいた寝袋を提供させていただきました。
    また、取引工場の協力を得て、寝袋1,065袋およびマットレス200枚を、大阪府を通じて寄贈いたしました。
    あらためて被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

  • 2008年12月 路上生活を余儀なくされている方々の、自立支援を主に活動されている、NPO法人 ビッグイシュ-基金様に、寝袋を提供させていただきました。
    http://www.bigissue.or.jp
    ご協力をいただきました皆様、本当にありがとうございました。


MATCH 01 クリーニングサービスの取り組み

イスカでは、お買い求めいただいた製品を末永くご愛用いただくため、寝袋のクリ-ニングを承っています。

クリーニングサービスについて

ご使用になられた寝袋は、睡眠中の汗や、空気中の水分をたっぷりと吸収しています。
山行後はなるべく早いうちに風通しの良いところで陰干しを行ってください。(室内などで拡げたままの状態で、数日間そのままにしていただくことができれば最適です。)使用後のメンテナンスをしっかりとしていただくことで、寝袋本来の保温性やカサ高性を長く保つことが可能となります。
とは言え、寝袋もやはり消耗品です。
日頃のお手入れを十分に行っていただいていたとしても、使用を重ねることで、少しずつその性能が劣化していくことは避けられません。

ある程度(30~50泊が目安です)お使いになられた時には、寝袋を洗ってあげてください。特にダウンモデルの場合は、クリ-ニングによってダウンに染み付いた汗などの不純物を洗い流すことで、失われかけていたフンワリ感や保温力を取り戻すことができます。
ダウンモデルであっても、ご家庭で洗濯することが可能です。しかし、生地やダウンなどは特にデリケ-トな素材のため、いくつかのご注意とそれなりの手間が必要です。
やはり、お近くの信頼できるクリ-ニング店へ持ち込まれるか、弊社のクリ-ニングサ-ビスをご利用いただく方が安心です。この機会に是非一度ご検討ください。


水洗いとドライクリーニングについて

クリ-ニングの方法には、大きく分けて水洗いとドライとがあります。
ドライクリ-ニングとは、水ではなく有機溶剤(主に石油系)を使って洗濯をする方法のことです。
水は繊維への浸透力が強く、染料まで落としてしまったり、生地を収縮させてしまったりすることがありますが、水を使わないドライクリ-ニングでは、そのような色落ちや生地のシワ・縮みなどが発生しにくいという特性があります。
油に似た性質の溶剤を使って洗いますので、油溶性の汚れ(皮脂、化粧品、整髪料、食用油など)を落とすことは得意ですが、逆に水溶性の汚れ(汗、尿、血液、泥はねなど)はほとんど落とせません。
また、羽毛をドライクリ-ニングすると、落とす必要のない天然の脂分まで落としてしまうと言われていて、羽毛本体にとっては、中性洗剤を使った水洗いの方が適しています。

寝袋(特にダウンモデル)にとっては、生地へのダメ-ジ(シワや縮みなど)の少なさを重視すればドライクリ-ニングの方が適しており、生地表面やダウンに染み付いた、汗などの水溶性の汚れ落としのためには、水洗いの方がより効果的ということになります。
弊社のクリ-ニングサ-ビスでは、保温材そのものの洗浄と、そのカサ高性の回復を優先事項とし、水洗いを採用しています。


水洗いによる生地へのダメ-ジを
最小限に抑える工夫

  1. 保護用のネットに入れて洗う。
  2. 洗浄時間を通常のクリ-ニングより短縮し、その分の洗浄力を補うために水温を高めに設定。
  3. クリ-ニング後は自然乾燥を基本とし、仕上げにのみ乾燥機を短時間使う。

クリーニング申込みの前に

お客様より寝袋をお預かりし、弊社の提携する業者に依頼してクリ-ニングを行います。
お申し込みにあたっていくつかのご注意点がございます。

1.お引き受けする寝袋は弊社製品に限らせていただきます。
何度もテストを実施した信頼のおける提携業者に依頼をいたしますが、クリ-ニング中の万が一の事故などが起こってしまった場合、他社製品ですと十分な 補償を行えない可能性があるからです。
2.リペアテ-プなどで補修された寝袋のクリ-ニングはお受けできません。
クリ-ニングによって補修材の粘着力がどうしても弱まってしまうからです。 特にテ-プなどを貼り付けられてから長い期間が経過されている場合などは、完全に剥離してしまうケ-スもございます。
3.生地表面の汚れ落としよりも、保温材の性能回復を主な目的といたします。
保温材(特にダウン)へのダメ-ジを少なくするため、ドライクリ-ニングではなく水洗いを行いますので、生地表面の油溶性の汚れ(整髪料やドレッシングなどの油分のシミ)は落ちにくい場合がございます。 また、保温材の特性の違い上、化繊モデルに比べてダウンモデルの方が、よりクリ-ニングの効果を実感していただけます。

お申込みの流れ・料金について

まず、お問い合せページにて、「お問合せ種別:クリーニング申込み」をお選びいただき、必要事項をご入力の上、お申込みください。
「お問合せ受付メール」が自動送信されますが、その後、改めて弊社より「申込み受付完了メール」をお送りさせていただきますので、メ-ルをお受取り後、弊社宛にお手持ちの寝袋をお送りください。その際の送料に関しましては、お客様のご負担とさせていただきますのでご了承ください。
寝袋が弊社に到着し、破損箇所等の確認が済み次第、クリ-ニングに取り掛かります。仕上がりまでおよそ一週間のお時間をいただきます。
(お申し込み数の状況によりまして、多少前後することもございます。)
クリ-ニング完了および点検後、ヤマト運輸の宅急便にて寝袋を返送させていただくとともに、送り状No.を記載した「発送案内メ-ル」を送信いたします。

お荷物の配達状況はヤマト運輸ウェブサイト(http://www.kuronekoyamato.co.jp/index.html)上で送り状No.をもとにご確認いただけます。
ご都合の合わない場合には日時のご変更も可能です。
なお、寝袋をお返しする際の送料については弊社にて負担いたします。

クリ-ニング料金

  • ・ダウンモデル…5,400円(税込)
  • ・化繊モデル …4,320円(税込)
  • ※上記料金以外に、弊社宛にお送りいただく際の送料、およびお支払時の代引手数料が別途必要です。

お支払いについて

お支払方法につきましては、代金引換のみとさせていただきます。 クリ-ニングの完了した寝袋を、ヤマト運輸のコレクト便で返送いたしますので、お受取りになられる際に、上記クリ-ニング料金、および代金引換手数料(324円・税込)を配達員へお支払いください。